奨学金を病院から得る|医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

奨学金を病院から得る

ドクター

就職したい病院を選ぶ

病院奨学金を得るには、自分が学校卒業後に就職したいと思える病院を選ぶと良いでしょう。病院奨学金は、学校に通うための費用を病院に出してもらうことで学校卒業後は奨学金を提供してくれた病院に就職するというものです。病院側にとっても、人手を確保できるというメリットがあり学生にとっても学費で困ることが無くなり就職先も同時に決まるので双方にメリットがあると言えます。しかし、もし就職した病院と自分の価値観が合わなかったり別の病院に行きたいと考えても数年間は耐える必要があります。学校に通っている間に、自分の考え方も変わり別の就職先を探したくなっても変えられないことなどから慎重に病院を選ぶことが大事になります。

条件は病院によって違う

病院奨学金の条件は、その病院によって違います。一定の学力は最低限必要ですが、受験には書類審査の他に筆記試験、面接などがあるところもあれば書類審査のみであったり筆記試験のみであることもあります。また、学校を卒業して就職してから毎月の給料から少しずつ天引きされることもあれば数年働けば返済しなくても良いケースもあります。もしどうしても退職したり転職するという場合は、一括でまとめて奨学金を返済すれば辞められる場合もあります。病院奨学金の制度は学生にとってはかなり手厚いサポートになると言えますが、条件はその病院によっても違うことと試験内容もそれぞれ違うので条件をクリアしたら慎重に選ぶことが大事になります。