知られていない専門職|医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

知られていない専門職

医師

視能訓練士という職業

たくさんの医療系の専門職がある中で、皆さんは視能訓練士という職業を知っていますか。将来、医療系の仕事に就きたいという人も多いと思います。しかし医療系と言っても様々な資格があり、仕事内容も全く異なります。その中から自分にあった職業を選ぶと言うのはとても大変なことではないでしょうか。ここではあまり知られていない視能訓練士という専門職をご紹介したいと思います。 視能訓練士とは、国家資格を持った医療技術者です。通称ORTと呼ばれ、医師の指示の下に眼科にかかる大部分の検査を行います。皆さんも眼科に1度はかかったことがあると思いますが、医師以外の看護師の業務とほぼ同じ仕事内容だと思って大丈夫でしょう。ですが、看護師より専門的な知識を持っているため、目のエキスパートとも言われています。目は、人間の一生に関わります。その大切な目の健康を守る重要な職業なのだと思うのですが、あまり知られていないというのが現状です。

視能訓練士の今後

視能訓練士は、視能訓練士法という法律に基づいており、昭和46年に制定されました。ですから他の医療系の職業に比べると、比較的新しい専門職といえます。また、視能訓練士の資格を持った者は、現在日本に一万二千人ほどいると言われています。これから高齢化が進むにつれて、白内障や緑内障などの、目の障害を持つ人は増えると考えられます。通常、眼科に視能訓練士3人は必要と言われる中、圧倒的に人材が足りないと言う状況です。だから、視能訓練士の需要はこれからも高まると考えられます。 視能訓練士になるためには専門学校または大学などの養成校で、3年以上勉強する必要があります。全国にあまり養成校が多くないのですが、いったん養成校に入ってしまえば、他の専門職に比べ国家試験は合格しやすいと感じます。