怪我の回復処置を行う|医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

医療事務講座を選ぶポイント|身になる知識を身につけよう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

怪我の回復処置を行う

男性と女性

自分に合うスクールを選ぶ

柔道整復師とは、怪我をした時に回復処置をすぐさま行うスポーツ選手に欠かせない存在のトレーナーのようなものです。その他には、体のあらゆる部位に不調や苦痛を感じる患者に合わせてリハビリを行ったり患部の回復を促すサポートをする仕事です。柔道整復師になるには、三年制または四年制の専門学校か大学に通う必要があります。三年制の学校は、学費が比較的安く短期間で勉強出来るので集中して学びたいという人や早く社会に出て実践的なスキルを磨きたい人に良いでしょう。四年制は、しっかりと基礎から学ぶことが出来るので学費もその分高くなり社会に出るまでにも時間がかかりますがゆっくり時間をかけて学ぶことが出来る点がメリットなので自分に合う方を選ぶと良いです。

合格率に関係なく学ぶこと

柔道整復師になるには、まずは学校を卒業することが一番です。学校を卒業することで、国家試験を受ける時に必要な受験資格が得られるようになるからです。卒業後、国家試験を受験し受かると晴れて柔道整復師として働くことが可能になります。柔道整復師の合格率は大体7割前後と言われていて国家資格の中では比較的高めの水準となっています。しかし、合格率が高いからと勉強をおろそかにしてしまうと基礎的な部分が抜けてしまうことがあるので合格率に関係なく徹底的に勉強をして知識をしっかり身につけていく必要があります。主な就職先としては整形外科や病院、整骨院などがありますがジムやスポーツ施設など幅広い働き方があるのが特徴です。